中国による人権侵害に対し抗議し、日本政府に調査および制裁を求める声明

2021年3月31日 決議・意見書・資料

 

 

 令和3年3月31日、ウイグルを応援する全国地方議員の会は第二回代表理事会を衆議院会館で開催し、参加議員の全会一致をもって”中国による人権侵害に対し抗議し、日本政府に調査および制裁を求める声明”を採択した。

 

 

 

中国による人権侵害に対し抗議し、日本政府に調査および制裁を求める声明

 

 ウイグル人の置かれている状況は、3年程前から急速に悪化しており、中国の新疆ウイグル自治区とされている東トルキスタンにおいて、ウイグル人の人権が著しく侵害されている。再教育機関と称する大規模な強制収容所に数百万ものウイグル人が強制的に収容され、狭い部屋に大勢が押し込められ、洗脳や拷問、臓器の収奪、生命を奪われるなど、およそ人の心を持っているとは思えない残虐な行為が行われている。

 BBCニュースは、2018年10月、13万人が収容できる巨大な収容所をウルムチ郊外に発見したと報じ、AFPBBNewsでは、中国のウイグル人収容施設が500か所近くあることを確認、100万人超が収容されていると報じた。ウイグル人強制収容所について調査・研究をしているドイツ人のアドリアン・ツェンツ博士は、1000か所を超える強制収容所が存在すると述べている。

 強制収容者の数は、国連は約100万人、米国務省は、80万人から200万人、米国防総省は、300万人近くと発表しており、いずれにしても、先の大戦でのナチスの強制収容所での最大値とされる約71万5千人をはるかに超えている。

 ウイグルでは、独自文化を支える著名文化人がここ数年で一斉に姿を消し、確認できただけでも2年間で270人の人が強制収容所内で死亡している。奇跡的に強制収容所から生還したメヒルグル・トゥルスン氏は、一緒に収容されたウイグル人女性68人のうち、9人が亡くなったと米国議会の公聴会で証言している。クチャ県の強制収容所においては、半年で少なくとも150人が亡くなったと地元の警察が証言している。そして、女性に不妊手術を強制したり、子供を親から強制的に引き離すなど、21世紀のこととは思えない事態が起きているとの専門家の報告が相次いでいる。

 3月18日、国際人権団体アムネスティ・ インターナショナルにより、中国が新彊で行う弾圧政策により、親と子が数年にわたって互いに引き離されているウイグル人の家族が、世界中に数千組いる可能性があると報告された。実際、我が子に会えない日本在住のウイグル人による相談も、当会に寄せられている。

 さらには、3月30日に開催されたSMGネットワークの総会において、日本ウイグル協会より、厳しい監視下にあるにもかかわらず多数の子ども達が行方不明になっていると報告されている。加えて、同日、アメリカのバイデン政権で初となる「世界の人権状況に関する年次報告書」が発表され、中国が新疆ウイグル自治区で「大量虐殺を行っている」と強く批判した。

 中国共産党政府は、1949年以来、自国民に対する残虐な人権侵害を大規模に繰り返してきたが、反面、「人権条約」に署名・批准している。そして、中国の刑務所や拘置所では組織的な拷問が日常茶飯事だが、中国は「拷問禁止条約」に署名し批准している。中国はウイグル人、チベット人、その他の少数民族を弾圧しているにもかかわらず「あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際条約」に署名し批准している。さらに中国は、国連人権理事会のメンバーでもあり、国連の常任理事国である。国際法は、国家が原則を受け入れ、自国に適用されることを受け入れたメカニズムを通し各国の努力によって整備されてきたが、中国によって完全に無力化されている。

 よって本会は、人類の歴史に泥を塗る中国共産党政府による史上最悪の残虐行為に対し強く抗議し、日本政府に対してその調査および中国への確固たる制裁を求めるものである。

令和3年(2021年)3月31日
ウイグルを応援する全国地方議員の会

アバター

ウイグルを応援する全国地方議員の会

会としての公式見解になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です