結語 ウイグル問題を日本人として取り組むにあたって

2021年6月10日 資料

 

 

結語 ウイグル問題を日本人として取り組むにあたって

 

 

 以下の文章は、これまでの日本ウイグル協会の活動と、ウイグル議員連盟と現在のウイグル協会の関係についての見解です。結語についての文責はあくまで三浦小太郎個人にあります。
 現在、日本におけるウイグル人の政治活動、人権擁護活動の正当な代表はNPO法人日本ウイグル協会(現会長 宇田ケリム)であり、原則、国会議員、地方議員に対する窓口は、この団体に一本化することがこれまでの運動の反省と今後の混乱を避けるために求められています。

 

 

~日本ウイグル協会の活動の歴史、ウイグル国会議員連盟に対する連絡の一本化の必要性
 日本におけるウイグル運動は、2008年6月、当時、海外ウイグル人の国際連帯組織である世界ウイグル会議副会長セイット・トムトルコ氏(当時)が来日し、日本ウイグル協会が結成されたことに始まります。会長にはイリハム・マハムティ氏が選出されました。その後、日本ウイグル協会は2009年の世界ウイグル会議で正式に傘下団体として承認されました。
 故郷における家族に危険が及ぶなどの理由から、当時は協会の活動に表立って活動するウイグル人は少なく、暫くは日本人支援者を中心とした運動が行われました。それでも、協会の地道な活動は、2012年、世界で初めてのウイグル国会議員連盟の結成、その議連の大きな支援のもとでの、2012年の世界ウイグル会議日本開催など大きな成果を挙げました。
 しかしながら、その後、世界ウイグル会議ラビア・カーディル総裁とイリハム会長との活動方針の相違、協会内部の人事問題等、また、後述する日本ウイグル連盟の結成などから、日本におけるウイグル運動に混乱と停滞の時期があったことは事実です。その時期は、ウイグル議員連盟、また支援者の方々にも誤解や混乱が生まれてしまいました。
 昨今の変化として、近年の中国政府のウイグル人に対する大弾圧は、逆に、日本におけるウイグル人の団結や運動への参加をもたらしました。特に約3年ほど前から、家族が実際に中国で収容所に収容されてしまったウイグル人たちが、沈黙しても家族は助けられないという勇気ある選択を行い、対中国抗議デモへの参加やウイグル協会への入会などが相次ぎました。現在、日本ウイグル協会の会長、副会長、理事のほとんどはウイグル人となり、会員も数百人のウイグル人が参加し、世界ウイグル会議(現在はドルクン・エイサ総裁)との関係も良好となっております。
 ウイグル国会議員連盟が新たな超党派として活動を再開するに際し、様々なウイグル人団体が別個に交渉することで活動が混乱することを防ぐために、原則、日本におけるウイグル人と議員連盟の交渉窓口は日本ウイグル協会に統一することとし、また、日本ウイグル協会にも、要請や提案は、協会で一括してまとめあげた上で議員連盟に提出することが求められております。
 これはウイグル人たちの多様な意見を排除するための原則ではありません。また、各自の自由な活動を制限するためのものでもありません。一時期の運動の停滞が、日本ウイグル協会と連盟という二つの団体が、バラバラに議員連盟や他の民間団体と接触し、それぞれが違った方針や情報を提示することから起きた運動の停滞と誤解を防止するためのものです。
 個々のウイグル人や日本人支援者の活動は全く自由ですが、これは現在のところ、日本ウイグル協会とウイグル国会議員連盟およびウイグルを応援する全国地方議員の会の原則ですので、どうかご理解くださるよう支援者の一人としてお願いいたします。

評論家 三浦小太郎

 

 

 

各章のリンクより全文をご覧いただけます。

 本書はウイグルを応援する全国地方議員の会が、各自治体の議員および共闘する国会議員に対しウイグル問題を政策的に取り上げる際に留意すべきガイドラインとして必要な情報をまとめたものですが、広くウイグルを応援する方々にも情報共有のため公開させて頂きます。
 これまでの経緯の説明のため必要な情報を網羅しており、非常に情報量の多いものになっています。「はじめに」を読まれたあとに「結語」を、それから各論を読んで頂けると、より内容が理解できるかと思います。

 

 

ウイグルを応援する全国地方議員の会

会としての公式見解になります。